ごあいさつ

ご報告遅れましたが11月30日を持ってINUUNIQは中区での営業を終了しました。

今後は津島のINUUNIQ VILLAGEを拠点に活動していきます。

ありがとうございました



少し長くなりますが私の事を少し…



デザインワークで一日中パソコンに張り付いていることに限界を感じていた4年前の冬
ふと料理の仕事をしようと思い立ち、当時は北区の黒川にあったINUUNIQへごはんを食べに行ってみました。

その時に食べたごはんとお味噌汁のおいしさに感動してそのままボランティアスタッフとして入り、オーガニックな食の世界と自由に好きな事を楽しむイニュニックのみんなにどんどん惹かれて行きました。

春にはランチも作らせてもらって、とにかくたのしいたのしいで過ごして来たけれど、
一昨年の夏から店長としてお店を任されるようになるとたのしい以外の事も実感するようになりました。

今年の1月からは中区へ移転。
今度は1人きり。
はじめての夜営業。

思っていたよりもはるかに大変で体調を崩したり落ち込んだりしんどい時期もありました、
でもこの1年で自分の事も周りの事もしっかり見えて来ました。

今までは「INUUNIQ」から逆算するようにして「自分」を体感してきたけど
これからはちゃんと「自分自身」になる時なんだと思いここを離れる決断をしました。

でも閉店を発表してから急にこの場所への愛情が爆発してしまって
辞めたくない思いが溢れてきたときは自分で決めた事なのにすごくすごく戸惑いました。

そんな中、最後の11月は尊敬する大好きな人たちとのコラボレーション

いろんな色のINUUNIQを一緒につくる毎日

本当にたのしくて
たのしすぎて終わってしまうのが本当に切なかったです。

日に日にお店と自分の呼吸も合ってきて
本当にこれで良かったのかわからなくなって心臓がよじれそうな思いでした。

それでも最後の日はやって来て
言葉にできない気持ちだったけど
INUUNIQを通じて知り合ったみんながどんどんやって来るとにぎやかすぎて泣く暇もないほど。
みんながいることがうれしくて夢の中にいるみたいでした。

キッチンの中から暖かく見守ってくれてたゴリさんとポチ
でっかい懐でサポートしてくれたヒロくん
笑顔で励ましてくれたうららちゃん
となりでふわりとそばにいてくれたトミー

来てくれたみんなも来れなかったみんなもみんなほんとに大好きすぎてこんなに大好きなひとがたくさんいてくれるなら大丈夫だと思えました。


お店の片付けも終わってすっきり出発です。
やっとスタートラインにたった気持ち。

今はもうただありがとうしかないです。

きっとこれからもっとたのしいことがはじまるんだと思います。

本当にありがとうございました。
だいすきです。

またどこかで。

いつでも。

2013.12.9 志帆


c0098897_8233217.jpg

[PR]
by t-m-i | 2013-12-09 11:44
GORINIQ PARTY >>