木育カフェ

美濃の森林アカデミーさんをお招きして木のスプーン作りワークショップをしました。
c0098897_15344667.jpg

木やカトラリーについてのお話やデザインについてのいろいろも教えてもらいつつ工作の授業以来の小刀を借りてスプーンを削って行きます。
ゼロからだと1日がかりになってしまうので手前の大まかに削ってあるものを自分の好きな形に仕上げていくのですが、それでもやっぱり苦戦
c0098897_15344755.jpg

ちなみに私もちゃっかり参加していたのでうっかり写真を撮り忘れてしまいました。

お料理とは全く違う脳を使って無心に削るのはとても気持ちの良い集中力。
夢中でやってしまいました。

出来上がりはこんな感じ。

よく見るとそれぞれ個性があっておもしろいです。
ちなみに私のは右から2番目。
c0098897_15344888.jpg


出来たてスプーンで早速おやつを。
ライスプディングとれもん蒸しケーキ
c0098897_15344947.jpg


やっぱり手作りのものは嬉しい。
手をかけることの大切さと有難さは身を持って感じないと分からない事なのかもしれません。

小さいうちからこういう事を知っていたら物を大切にするというのがからだでわかるんだと思います。

もちろん大人も。
わたしもこのスプーン一生大事にするだろうな。

森林アカデミーさんはこういった子供の木育に力を注がれていて、年長さんでも時間をかければちゃんと作れるそうです。
そしてスプーン作りには正解が無いのが良いとおっしゃっていました。
どんなかたちでも全部正解。

そうやって作ったスプーンで食べるごはんはきっとすごくおいしい。
[PR]
by t-m-i | 2013-10-27 15:16
<< じゅっぷんとイニュニック 快晴 >>