台風6号からのごほうび

大型の台風6号が愛知を通過し、東へ抜けた。
火曜日に飛行機に乗る予定がいきなり欠航。もちろん、仕事はたんまりあるが、帰れないのだかしょうがない。愛しのカミサンと息子(留守中に伝い歩きを始めたらしい)にはまだ会えない。悲しい。
二日間の滞在延長。

というわけで、しっかり晴れている北海道でやり残した事をやる。

そして、いざ渚骨川へ。

しばらく雨続きで、トラウトの聖地(?、でも本当に渓流釣りは有名)渚骨は昨日までガッツリにごって
釣りどころではなかった。それが、今日、ごほうびのような奇跡のベストコンディション。

畑仕事を始める前、朝4時30分起床、5時30分入水。昼までのワイルドアドベンチャー。

川の風景。美しすぎる。ひとりきり。人工音なし。まだ川の水は身をさすようにつめたい。

この季節、川は小さな生命に溢れている。夏の川には、冬の間に尽きたであろう動物の骨があちらこちらに流れ着いている。初夏限定の風景。そのうち流されてなくなる。

「おまえたち~、おしおきだべ~。」(ヤッターマン)と言わんばかりの小動物の骨。
こういうモノに達に見られている気がするから、自然界に不義理はできん。
ずしりと重い命のわっかを感じる。だからこそ、燃える。少しの間、仲間に入れてください。
とはいいながらも、ガサリと音がするたび、熊か!とビビリながら、やたらに鈴を大きく揺らす。

c0098897_2359133.jpg


余談だが、自然は怖いが、腹は立たない。
人工物はコワかないけど、腹立つこともある。
そして、どちらも受け入れます・・・。

川を腰上まで水につかりながら、急流にこらえて向こう側へ渡る。ギリギリの水量。これ以上多いと
無理。その辺の加減は、経験とテクニック。子どもの頃は、少し上流から、流されながら向こう側へわたる知恵を覚えた。その経験が今も生きている。きっといまより自然に対して大胆だったと思う。

ゆだんして足をとられてこけたら、一間の終わり(大げさな)。防水のウェダーに水が入り込み、危険。小さな気合。ぞくぞくする。こういったひとつひとつが、ため息が出るくらいに
たのしい。気持ちが少しずつなじんでいくのが分かる。静かな世界。

c0098897_015956.jpg


竿を振りつつ、上流へ。すこしづつ。丁寧に。
なんとなくいい気分。気持ちがしゅっとシャープになる瞬間があって、そういうときは大体当たる。
きれいな魚体が水面をはねる。おフランス製の赤いスピナーに食いついた、良型のニジマスちゃん。

ああ、野生だなあ・・・と感じる引きの強さと、ちらりと見える魚体の美しい事。この手に収まるまでの
ほんの数分間、ひとりと一匹だけの真剣なやり取り。向こうは命がけ。こっちは心がけ。
頭の中が、キーンとする。同じ自然遊びでも、サーフィンでは感じた事がない。とにかくシャープな感覚。

c0098897_043471.jpg


リールの糸が引き出される時のジリリ・・・という音がたまらなく好き。友達に譲ってもらった。
高性能らしい。前の自分のやつは、こんな音しなかった。気分を高めてくれる「音」って、あるよね。
いい道具には、必ず、こういう、高めてくれる何かがある。

c0098897_0104434.jpg


c0098897_0124418.jpg


すっかり体が冷えて、もう帰る時間。
大体、お約束な体の反応で、猛烈な便意。ごめんね。田舎ぐらしですっかり身に着いた
清流での排泄。この、全部出る感はすごい。おおう、りっぱ。勢いがある。誰も居ないのに、見て見てって
言いたくなるのは子どもの頃からの癖かね、相変わらずで、35にもなって、まあそんなもんですよ。

昼には畑に戻り、やれないだろうと諦めていた仕事を。これもごほうび。夕方には
小さくて使えない大根をすべて抜き(このまま帰ったら、トウが立って硬くなってしまう。ありがてえ、この一日)、キレイに洗って、あとで適当に切って干しておく。今年の冬には、干し大根の出来上がり。
こういう仕事は、料理をするからこその知識。大体の農家さんは捨ててしまう。面倒らしい。
この干し大根を一晩水で戻して煮物作ってみなはれ。最高のおだしになるんです。
うちのスタッフ、風のかよっている天地農園の藤田さんに教えてもらったの。いいでしょ。
こういう、こまかくて、やらなくてもすんでしまうけど・・・という事がけっこう好きだったりする。

c0098897_0143360.jpg


生きているってのは、嬉しい事だねえ。

あ、朝釣り上げたニジマスはリリースしました。目が、気合はいってたから(写真からも伝わるかな)。
たまに、気合はいってないやつもいて、そういう場合、喰ってしまう事もある。
リリースはマナー(渚骨川の一定範囲は条例として、リリースが決められている、良心的な川)だけど、捕ったら喰うってのもやはりマナーであって。だから、そのときそのとき
自分で決める。傷が深すぎて、生き延びないって分かってる場合も喰う。
ニジマスはあんまりうまくはない。川魚ならヤマメやアマゴのほうが旨い。鮎がイチバン。

明日は人類の発明品最高峰の飛行機でようやく名古屋へ帰れる。
早く家族に会いたい。

今日はごほうびと捉えて、すっかり楽しんだ一日。

金曜日はトライバルアーツでライブ。良かったら遊びに来てちょ。

土曜日は高知県でイクミロックに出演&サーフ。

来週の火曜日にはまた北海道に。

どんなスケジュールやねん。楽しんでるし、迷惑かけてるねえ。おれ。

ブログ読んでると、楽しいことしかやってないように見えるけれど・・・まあ
そうといえば、そうだから、良しとしよう。

仕事に遊びをねじ込んで感謝、遊びに仕事をねじ込んで感謝。

みんな、おいしいごはん食べてるかい?
[PR]
by t-m-i | 2011-07-21 00:40 | 大将ヒロの報告
<< はぴばすで自分 はぴばすで >>