北海道の夏畑

ほぼ、はじめまして。

イニュニック大将ヒロです。

現在北海道にて農作業奮闘中。5月から11月までの半年間、毎月1週間から10日間ほど
北海道のオホーツク側 滝上にて農場管理の為北上します。

僕が勤める自然食のお店りんねしゃの2代目として北海道に支店を作り、自社農場を開拓中なのだ。

様々な社会状況から判断するに、食に関わるものとして自家自給率を上げる事は当面の課題。

イニュニックスタッフもみんな揃って畑仕事にいそしんでいる。なにせ自給自足がテーマの半農半カフェ
だけあって、「農」に関わる事が重要。

culture(文化)もfamily(家族)もその語源は農に由来するとおり、人類の進歩には常に
農がそばにあった。 戦後の食管法以降、ろくな目にあってない日本農業だけれど、いまほど
社会が農業に関わる事にポジティプな反応を示した事はないのだから、ある意味チャンス。

みんな土いじろうよ。
畑基準はいいよ~。ややこしくなくて。
人間基準や社会基準なんか、もうややこしくてややこしくて、おなか一杯です。
実際は難しいけれど、心持だからね。きっと。
日本人は、古来から自然に敬意を払う習慣が、しっかりとDNAに刷り込まれているのだと思う。
頭に血がのぼって、ギーッてなってるとき、草むしると落ち着くもん。

もうさ、テレビとか政治とか世間基準なんて、日々のスパイス程度にしてみましょ。

ありがたや、人間の土とのつながりの強さを改めて感じている今日この頃。

さて、現在の北海道のお野菜生育状況を画像で紹介します。
c0098897_2027352.jpg

コチラはにんにくちゃん。肥料一切やってなので小さめ。去年より細いんよね。うーん。
c0098897_2028553.jpg

こちらは夏大根。辛味が強いけれど大丈夫だよね。まだこれから。
c0098897_20302452.jpg

そんでこちらがじゃがいもちゃん。コチラも不施肥。いま花が咲いて、収穫は9月ごろかな。

そのほかにも玉ねぎ、ねぎ、枝豆、にんじん・・・・。
北海道は愛知とは季節感が全然違うのですが、ようやくなれてきた感じです。
はや四年目だし。

では最後に、イチバンメインの渡北目的、除虫菊の満開畑の画像と、
畑仕事の合間にやってる釣りと晴れ渡った農場の画像で本日は終了。
これからお楽しみに・・・。

明日は晴れてちょうだいな!おやすみ。
c0098897_20452676.jpg

c0098897_20592329.jpg

c0098897_2055347.jpg

[PR]
by t-m-i | 2011-07-14 21:05 | 大将ヒロの報告
<< しそジュースできました りんね市 >>